早期アルツハイマー病を対象とした治験

60~85歳対象の早期アルツハイマー病(アルツハイマー病による軽度認知障害と軽度アルツハイマー型認知症)
の方を対象とした治験をご案内いたします。

【アルツハイマー病とは】
アルツハイマー病は、高齢者における認知症の主な原因のひとつです。症状としては時間とともに認知機能が低下し、日常生活全般に支障が出てくることが知られています。
アルツハイマー病では、脳内にアミロイドβ(ベータ)というたんぱく質が蓄積することが、病気の進行と密接に関係していると考えられています。

これを取り除くよう考えられた抗アミロイドβ抗体製剤の安全性を検討することがこの治験の目的です。
この治験では薬効成分を含まない偽薬(プラセボ)が用いられることはありません。

治験にご興味をお持ちいただける場合は、まずは一度ご応募ください。

治験情報

簡単な対象条件◆60歳以上85歳以下の⽅
◆軽い認知症などと言われたりしている方のうち、早期のアルツハイマー病が原因となっている方
◆スタディパートナーがいる方(同居人がいる、毎週連絡を取り合う人がいるなど)
◆MRI検査およびPET検査を受けることができる方
実施内容◆治験期間中の通院頻度:月1回
◆治験期間:最長で1年6か月
◆治験薬:注射剤
負担軽減費医療機関より説明がございます
自己負担金医療機関より説明がございます
実施地域茨城県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県
お持ち物保険証、お薬手帳(お持ちの場合)
日程医療機関より説明がございます
【※重要事項※】以下の事項について予めご了承ください
◆医療機関で治験に必要な検査ができない場合、近隣都道府県へ移動していただいての検査が必要になることがあります。
◆検査の結果や医師の判断により、治験に参加いただけない場合もございます
◆治験が急遽中止されたり、治験の内容が変更になる場合がございます
◆負担軽減費や交通費については、施設ごとに支払い条件が異なります
◆治験とは関係のない診察費、検査代、処方箋料、薬剤代が発生した場合は自己負担となります
◆初回来院前に、告知いただいた内容(健康状態など)に変化があった場合は早急にご連絡ください
◆次のような場合には負担軽減費のお支払いを致しかねます
・虚偽の申告が認められた場合
・治験内容にご同意いただけない場合
・検査を拒否された場合
・その他注意事項をお守りいただけない場合
・初回来院し治験担当医師が確認した結果、治験の参加基準に合致しないと判断された場合

治験参加条件確認アンケート・応募フォーム

以下のアンケートにご回答ください。
※アンケートは5分程度でご回答いただけるものとなります。