膝の痛みでお困りの方へ 変形性関節症による痛みを抑える作用の飲み薬の治験です
膝の痛みでお困りの方へ 変形性関節症による痛みを抑える作用の飲み薬の治験です

本治験の対象となる方

  • 40歳~85歳までの方
  • 変形性膝関節症と診断がされている方
  • 膝の痛みに対して痛み止めを服用している、または過去に服用したことがあり、十分な効果が感じられない方
  • 他の治験に参加していない方


※上記以外にも参加条件がございます。ご応募をいただいた後、お電話で確認させていただきます。
上記に合致しなくとも参加できる可能性がございますのでご興味をお持ちいただける場合は、まずは一度お問い合わせください。

変形性関節症について

変形性関節症は、関節の軟骨がすり減り、歩いたり、階段の上り下り、姿勢を変えた時に膝、股、手、足、脊椎などに痛みが生じます。 変形性関節症の治療は、非薬物療法と薬物療法の併用が必要とされていますが、現在変形性関節症の進行を抑えるお薬が存在しません。 そのため、薬物療法では痛みをコントロールし、症状を緩和する治療が中心となっています。
今回の治験は、膝関節の変形性関節症と診断された患者さんを対象に行われます。

治験の概要

治験の目的
変形性膝関節症の方を対象に、治験薬またはプラセボ(有効成分を含まない薬剤)を約2か月毎日服用し、有効性および安全性について確認することを目的としています。
そのため、本治験以外では変形性関節症の治療のためにこのお薬をご使用いただくことはできません。
対象となる方
  • 40歳~85歳までの方
  • 変形性膝関節症と診断がされている方
  • 膝の痛みに対して痛み止めを服用している、または過去に服用したことがあり、十分な効果が感じられない方
  • 他の治験に参加していない方

※上記以外にも参加条件がございます。ご応募をいただいた後、お電話で確認させていただきます。上記に合致しなくとも参加できる可能性がございますのでご興味をお持ちいただける場合は、まず一度お問い合わせください。

治験期間
治験期間は約4か月で、9回程度来院いただきます。
※入院は不要で、通院のみの治験となっております。
治験薬について
3種類の用量の内、いずれかの用量の飲み薬またはプラセボのいずれか1つを服用いただきます。

治験参加者の募集が行われているエリア(予定含む)

※医療機関の詳細はお電話にてご説明いたします。

治験とは

まだ承認されていない「薬の候補(治験薬といいます)」について、人に対する有効性や安全性を確認する臨床試験のことです。
治験でよい結果が得られれば、「薬」として厚生労働省の承認を得ることができ、広く使用できるようになります。
私たちが普段使用している薬も、多くの患者さんに「治験」へご協力いただき誕生したものです。

治験参加するメリット

治験参加までの流れ

お問い合わせ

株式会社QLife 治験事務局
Mail:qlife-join-support@qlife.co.jp