変形性関節症の患者さん対象
治験参加者募集しています

変形性関節症
の患者さん対象
治験参加者
募集しています

階段の上り下り、座ったり立ったりする際に痛みがある方はぜひご応募ください

本治験の対象となる方

  • 40歳以上85歳以下の日本人
  • 膝または股の変形性関節症と診断されている方
  • 階段の上り下り、座ったり立ったりする際に痛みを有する方

変形性関節症とは

変形性関節症は、関節の軟骨がすり減って、膝、股、手、足、脊椎に痛みや腫れが起こる病気です。
この病気では軟骨の下の骨が硬くなったり、骨棘(こつきょく)という突起ができたりして、関節の変形が起こります。
さらに症状が進行して関節の動きが悪くなることもあります。

今回の治験では、膝関節と股関節の変形性関節症と診断された患者さんを対象に行われます。

治験概要

治験の目的
変形性関節症の患者さんに、治験薬またはプラセボ(治験薬の成分を含まない薬剤)を使用し、治験薬の変形性関節症に伴う痛みへの効果と安全性(副作用)を確認することを目的としています。
治験参加期間
約20ヶ月間で、合計22回程度来院していただき、検査を受けていただきます。

※患者さんにより来院回数が異なる場合があります。

主な参加条件
  • 40歳以上85歳以下の日本人
  • これまで変形性関節症に対する治療をされていた又は治療中の方で、痛みに対する十分な効果が得られていない方
  • 重度の高血圧や心不全など、重い合併症がない方
  • アスピリン喘息と診断されたことがない方
  • 過去5年以内に悪性腫瘍と診断されたことがない方
  • 他の治験に参加していない方

※上記の他にも参加条件がございます。
ご応募いただいた後、お電話で確認させていただきます。

治験薬について
本治験の治験薬は注射剤と経口薬(飲み薬)となります。

※経口薬は治験開始16週後から追加となります。

費用負担について
初診料や再診料などについてはご負担いただくことになりますが、治験のための検査費用と治験薬は、製薬会社が負担するほか、交通費を含む負担軽減費として、一定の費用をお支払いさせていただきます。

治験とは

まだ承認されていない「薬の候補(治験薬といいます)」について、人に対する有効性や安全性を確認する臨床試験のことです。

治験でよい結果が得られれば、「薬」として厚生労働省の承認を得ることができ、広く使用できるようになります。

治験への参加は、患者さんの自由意思で決めることができ、治験に参加している間も理由に関係なく、いつでも参加をやめることができます。

治験参加までの流れ

治験が行われているエリア

北海道・東北
  • 北海道
関東
  • 茨城県
  • 東京都
  • 神奈川県
東海・近畿
  • 三重県
  • 大阪府
中国
  • 広島県
九州
  • 宮崎県

今後予定しているエリア

北海道・東北
  • 宮城県
  • 福島県
関東
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
甲信越
  • 長野県
東海・近畿
  • 静岡県
  • 兵庫県
九州
  • 福岡県
  • 大分県
  • 鹿児島県