潰瘍性大腸炎の方を対象とした治験にご参加いただける方を募集しています
quasar

治験の概要

治験の目的

潰瘍性⼤腸炎患者さんを対象に、治験薬とプラセボ(偽薬)を⽐べて、この治験薬がどれくらい有効で安全かを調べることを目的としています。
※お電話にて詳細内容ご説明差し上げます。

治験薬について

本治験で使⽤する治験薬は、⽶国や欧州、その他いくつかの国で、中等度から重度の局⾯型乾癬の患者さんの治療薬として承認されている⽣物学的製剤です。
⽇本においても、既に尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅⽪症及び掌蹠膿疱症の患者さんの治療薬として承認を受けています。
また、現在クローン病や⼩児の乾癬の治療のための治験も⾏われています。

本治験の対象となる方

  • 年齢が18歳以上の男⼥
  • 3ヶ⽉以上前に、潰瘍性⼤腸炎と診断されている⽅
  • 中等症から重症の活動性潰瘍性⼤腸炎の⽅
  • 現在までに瘻孔(ろうこう)の既往歴がない⽅
  • ストーマが造設されていない⽅

※上記の他、参加条件があります。詳しくは、ご応募いただいた後、お電話で確認いたします。
※今回募集中の治験は、中等症〜重症の潰瘍性⼤腸炎患者さんを対象とした治験ですが、今現在、軽症や寛解中の⽅であっても、治験にご興味をお持ちいただける場合は、まず⼀度お問い合わせください。

治験参加者の募集が行われているエリア(予定含む)

  • 北海道・東北

    • 北海道旭川市
    • 北海道札幌市
    • 青森県弘前市
    • 岩手県盛岡市
    • 宮城県大崎市
    • 宮城県仙台市
    • 福島県福島市
  • 関東

    • 埼玉県さいたま市
    • 千葉県浦安市
    • 東京都目黒区
    • 東京都新宿区
    • 東京都三鷹市
    • 東京都八王子市
    • 神奈川県川崎市
    • 神奈川県横浜市
  • 中部

    • 新潟県長岡市
    • 石川県金沢市
    • 山梨県甲府市
    • 長野県松本市
    • 静岡県浜松市
    • 愛知県名古屋市
  • 関西

    • 三重県津市
    • 滋賀県東近江市
    • 大阪府大阪市
    • 大阪府泉大津市
    • 大阪府東大阪市
    • 兵庫県神戸市
    • 兵庫県西宮市
    • 奈良県橿原市
  • 中国・四国

    • 島根県出雲市
    • 広島県呉市
    • 愛媛県松山市
  • 九州

    • 福岡県福岡市
    • 福岡県北九州市
    • 福岡県筑紫野市
    • 大分県大分市
    • 大分県別府市
    • 鹿児島県鹿児島市

※医療機関の詳細はお電話にてご説明いたします。

潰瘍性⼤腸炎の治療について

潰瘍性⼤腸炎の治療には「内科的治療」と「外科的治療(⼿術)」があります。昨今、潰瘍性⼤腸炎の内科的治療は新薬の登場で⼤きく改善され、⼿術を必要とする患者さんは減少傾向にあります(※1)。なかでも、最先端のバイオテクノロジーの技術で開発された「⽣物学的製剤」は、それまで治療が難しかった治療抵抗性の患者さんたちのQOL(⽣活の質)向上に、⼤きく貢献してきました。
しかしその⼀⽅で、これらの治療に対して初めから効果がなかったり、初めは効果があったとしても⻑期投与によって効果がなくなる患者さんもおられるため、さらなる治療薬の開発に期待が寄せられています(※2)。

(※1) 特集 炎症性腸疾患アップデート いま外科医に求められる知識と技術臨床外科 2018年11⽉Vol.73 No.12
(※2) 激変する炎症性腸疾患に対する治療ストラテジーMebio 2017年7⽉Vol.34

治験とは

治験とは何か、その特徴を説明します

まだ承認されていない「薬の候補(治験薬といいます)」について、⼈に対する有効性や安全性を確認する臨床試験のことです。治験でよい結果が得られれば、「薬」として厚⽣労働省の承認を得ることができ、広く使⽤できるようになります。
私たちが普段使⽤している薬も、多くの患者さんに「治験」へご協⼒いただき誕⽣したものです。

治験参加するメリット

治験参加までの流れ

お問い合わせ

株式会社QLife 治験事務局
Mail:qlife-join-support@qlife.co.jp