※本ページは、アッヴィ合同会社からの委託による治験広告です。
また、治験を実施する医療機関の審査・承認を受けたものを掲載しています。

症状が改善されにくい方対象

骨髄増殖性腫瘍(真性多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症)の治験に参加してみませんか?

骨髄増殖性腫瘍(真性多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症)の治験に参加してみませんか?

対象となる方(わからない方もまずはご相談、ご応募ください)

※上記以外にも参加条件がございます。ご応募をいただいた後、お電話で確認させていただきます。
上記に合致しないようにご自身が思われても実は条件に合っているという可能性もございますので、ご興味をお持ちいただける場合は、まず一度お問い合わせください。

骨髄増殖性腫瘍について

骨髄増殖性腫瘍は血液のがん(腫瘍)で、真性多血症、本態性血小板血症及び骨髄線維症が含まれます。
本態性血小板血症および真性多血症では、疲労などの全身症状、脾腫(脾臓の腫れ)などが特徴で、血栓症を合併することもあります。
骨髄線維症では腫瘍細胞によって骨髄に線維化という変化が起こるため、骨髄の代わりに脾臓や肝臓で血液が産生されるようになる(髄外造血)のが特徴です。

本治験の概要

治験の目的 本治験は、骨髄増殖性腫瘍の患者さんを対象に、治験薬を服用いただいた際の安全性や薬物動態(血液中の薬の濃度など)を検討することを目的としています。
治験薬について 本治験で使用する治験薬は飲み薬です。
がん細胞の増殖に重要なタンパク質(アポトーシス抑制性BCL-2 ファミリータンパク質)を阻害する薬です。治験薬のみを服用いただきます。

治験参加者の募集エリア(予定含む)

※医療機関の詳細はお電話にてご説明いたします。

治験とは

まだ承認されていない「薬の候補(治験薬といいます)」について、人に対する有効性や安全性を確認する臨床試験のことです。
治験でよい結果が得られれば、「薬」として厚生労働省の承認を得ることができ、広く使用できるようになります。
私たちが普段使用している薬も、多くの患者さんに「治験」へご協力いただき誕生したものです。
治験にご参加いただくことは、治験薬が国から承認を受けたとき、次世代に新しい薬、治療法を残すという社会貢献にもつながります。

治験参加までの流れ

  1. アンケート回答

    参加条件確認のためのアンケートに回答いただきます。

  2. お電話での詳細確認

    アンケートの回答内容が条件に合致した場合、QLife治験事務局よりお電話にて詳細な参加条件の確認をいたします。お電話での確認で条件に合致した場合は、主治医に見せていただく資料をお送りいたします。

  3. 今回の治験への参加について、ご自身で相談をしていただきます。

  4. 来院日の調整

    主治医の先生との相談の結果、試験に参加いただける場合は、来院日の調整をいたします。
    来院日の調整方法については別途ご案内いたします。

  5. 治験参加

お問い合わせ

株式会社QLife 治験事務局
TEL:0120-948-434
Mail:qlife-join-support@qlife.co.jp

webで応募

Webから応募

※簡単なアンケートで参加条件を確認(1分で完了)

電話で相談

電話から応募する 0120-948-434 電話から応募する 0120-948-434